• HOME
  • 医療勉強会

平成27年3月30日 「第2回医療勉強会を行いました」 弁護士 林 裕介

IMG_1823.JPG   第2回医療勉強会「高次脳機能障害について」を開催しました。講師としましては,慶友会第一病院院長の方波見剛先生と,言語聴覚士の田中恵久美先生をお招きし,お話をいただきました。

交通事故等により脳に外傷が生じた場合に,記憶力の低下や性格の変化といった症状が出ることがあります。このような障害を高次脳機能障害といいます(>>「高次脳機能障害認定の6ポイント」もご参照ください。)。


近年は,このような高次脳機能障害を負ったものと思われる患者様のご相談をお受けすることが多くあります。そして,患者様が,その障害につき後遺障害としてきちんと認定を受けることができるためには,後遺障害の認定請求をサポートする弁護士に,高次脳機能障害についての専門的な医学知識が求められます。
 

今回の勉強会では,まず方波見医師から,高次脳機能障害について,その症状や診断基準,症例などについて詳しくお話しいただきました。   IMG_1825.JPG

 

IMG_1839.JPG   また,田中言語聴覚士からは,高次脳機能障害となった場合の具体的な障害の内容について,お話しいただきました。


医療現場の第一線で活躍なさるお二人のお話は,実践的であり,かつ大変分かりやすい内容でしたので,高次脳機能障害に対する理解を深めることができました。


今回の医療勉強会をとおして,高次脳機能障害を負った患者様に対し,弁護士として十分なサポートを提供できる専門性を,さらに高めることができました。


今後も,医師等の専門家から医学的知識・経験をご教授いただきながら,患者様のために,より専門的な法的サポートができますよう,所員一同研鑽してまいる所存です。
 

医療勉強会を行いました!

ir01.png  

平成26年7月22日、私どもの事務所に、川崎の慶友会第一病院院長の方波見剛先生をお招きして、医療勉強会を開催しました。

 

第一病院には救急科があり、交通事故の被害者が沢山搬送されてきます。豊富なご経験をお持ちな方波見先生から、頸部の外傷について講義をしていただきました。

 

ひとくちに頸部の外傷といっても、さまざまで、頸椎の損傷(頸椎捻挫型)、頸随の損傷(脊髄損傷型)、神経根の損傷(神経根型)があり、症状も多彩です。

 

また、加齢やストレートネックの形状の違いで、症状には個人差もあります。

  ir02.png
 
お医者さんと充分にお話をして、依頼者様の状況を確認することが大切だと、改めにて実感しました。
 

 

交通事故について詳しく知りたい方はこちら

◆交通事故問題でお悩みの方へ

◆川崎交通事故相談会のお知らせ

◆当事務所が選ばれる理由

◆交通事故問題解決の流れ

◆賠償金額決定の3基準

◆損害賠償金の計算方法

◆物損の損害賠償

◆過失相殺とは?

◆弁護士と行政書士の違い

◆弁護士費用特約とは

◆人身傷害保険

◆よくあるQ&A

◆当事務所の解決事例

推薦者の声

◆お客様の声

 

交通事故に遭われたら交通事故・後遺障害・示談交渉に強い弁護士にご相談ください

re.png

◆HOME

◆事務所紹介

弁護士紹介

◆弁護士費用

◆アクセス

◆ご相談の流れ

〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸3398−1  三井生命登戸ビル3F TEL:044-931-5721 (9:30~17:30 夜間・土日応相談)
初めての方でも安心してご相談いただける地元川崎の弁護士です。
Copyright (C) 2013 川崎北合同法律事務所 All Rights Reserved.