• HOME
  • 交通事故と高次脳機能障害

交通事故と高次脳機能障害

高次脳機能障害とは、脳の損傷により生じる障害で、失語・失行・失認のほか、記憶障害・注意障害・行動障害などが含まれるとされています。医療機関により撮影されたCTやMRIの画像所見では、明確な脳の損傷が発見されない場合であっても、被害者の記憶力や注意力の低下が生じることもあります。
 
しかし、画像所見がない場合は客観的に判定することが困難であるので、自賠責の等級認定上はあまり考慮されず、低い等級認定にとどまってしまい、十分な被害者の救済が得られない場合があります。
  DSC_10100009.png
 
また、精神的側面にも影響が生じる例があり、被害者の仕事や日常生活にさまざまな支障が生じてしまいます。「脳挫傷後遺症」「びまん性軸策損傷後遺症」と診断名される場合は、高次脳機能障害に該当します。
 
もし、皆様の周囲で交通事故に遭われ、感情のコントロールができなくなってしまう、感情の起伏が激しく怒りっぽくなった、記憶力や集中力が低下してしまっているように感じられるなど、「交通事故に遭ってから、少し雰囲気が変わったな」とお感じになられる場合、高次脳機能障害を発症している可能性があります。
 
高次脳機能障害の場合においても交通事故発生日から長期間時間が経過してしまうと、交通事故との因果関係が認められにくくなりますので、高次脳機能障害かなと思われる方がいらっしゃいましたら、すぐにご相談下さい。
 
高次脳機能障害の認定基準は以下のとおりです。
等級 認定基準
1級1号 (要介護) 身体機能は残存しているが高度の痴呆があるために、 生活維持に必要な身の回り動作に全面的介助を要するもの
2級1号 (要介護) 著しい判断力の低下や情動の不安定などがあって1人で外出することができず、日常の生活範囲な自宅内に限定されている。身体動作的には排泄、食事などの活動を行うことができても、生命維持に必要な身辺動作に、家族からの声掛けや看視を欠かすことができないもの
3級3号 自宅周辺を1人で外出できるなど、日常の生活範囲は自宅に限定されていない。また声掛けや、介助なしでも日常の動作を行える。しかし記憶や注意力、新しいことを学習する能力、障害の自己認識、 円滑な対人関係維持能力などに著しい障害があって、一般就労が全くできないか、困難なもの
5級2号 単純くり返し作業などに限定すれば、一般就労も可能。ただし新しい作業を学習できなかったり、環境が変わると作業を継続できなくなるなどの問題がある。このため一般人に比較して作業能力が著しく制限されており、就労の維持には、職場の理解と援助を欠かすことができないもの
7級4号 一般就労を維持できるが、作業の手順が悪い、約束を忘れる、ミスが多いなどのことから一般人と同等の作業を行うことができないもの
9級10号 一般就労を維持できるが、問題解決能力などに障害が残り、作業効率や作業持続力などに問題があるもの

当事務所で解決してきた事例の一部をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1  11級後遺障害の事故 保険会社提示額540万円⇒1850万円で示談
2  12級後遺障害の事故 保険会社提示額550万円 → 1000万円で示談
3  バイクを運転していた所、交差点で急に右折をしてきたワンボックスカーと衝突した事故
4  異議意申し立てをすることで14級から12級に等級認定を高めることができた事例
5  停止中に後ろから乗用車に追突され、頚椎捻挫(むちうち)を患ってしまった方の事例
6  症状固定後に被害者請求し、後遺障害7級の認定。1,051万円を受領することが出来た事例
7  被害者が高校生で、治療費・交通費等は保険会社から受取り、慰謝料が問題となった事例
8  被害者様が主婦で,むち打ちにより後遺障害認定(14級)がされた事例
9  後遺障害認定(12級)を受けていたにもかかわらず,保険会社から少額の提示を受けていた被害者様の事例
10  12級後遺障害の事例 保険会社提示額370万円→850万円で示談
11  自営業60代の方 保険会社提示額60万円→270万円で示談
12  被害者(一家の支柱)が亡くなった事例 賠償額が1000万円の増額
13  病院同行を行うことで後遺症認定(12級)を獲得し、約900万円の保険金を受け取ることができたEさんの事例
14  80代男性の方,保険会社提示1000万円→1800万円で示談できた事例

高次脳機能障害について詳しく知りたい方はこちら

◆交通事故と高次脳機能障害

◆高次脳機能障害認定の6ポイント

後遺障害について詳しく知りたい方はこちら

◆後遺障害とは?

◆後遺障害の種類

◆遷延性意識障害

◆むちうち(むち打ち)

◆脊髄損傷

◆醜状の後遺障害

◆各部位の損傷による損害

口の後遺障害について

◆上肢(肩、腕)の後遺障害

◆下肢の後遺障害について

足(股~足指)の後遺障害について

 

 

交通事故について詳しく知りたい方はこちら

◆交通事故問題でお悩みの方へ

◆川崎交通事故相談会のお知らせ

◆当事務所が選ばれる理由

◆交通事故問題解決の流れ

◆賠償金額決定の3基準

◆損害賠償金の計算方法

◆物損の損害賠償

◆過失相殺とは?

◆弁護士と行政書士の違い

◆弁護士費用特約とは

◆人身傷害保険

◆よくあるQ&A

◆当事務所の解決事例

推薦者の声

◆お客様の声

 

交通事故に遭われたら交通事故・後遺障害・示談交渉に強い弁護士にご相談ください

re.png

◆HOME

◆事務所紹介

弁護士紹介

◆弁護士費用

◆アクセス

◆ご相談の流れ

〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸3398−1  三井生命登戸ビル3F TEL:044-931-5721 (9:30~17:30 夜間・土日応相談)
初めての方でも安心してご相談いただける地元川崎の弁護士です。
Copyright (C) 2013 川崎北合同法律事務所 All Rights Reserved.