耳の後遺障害について

耳の後遺障害の症状

耳の後遺障害の症状としては、交通事故後に難聴になってしまったり、耳の欠損や耳鳴・耳漏などがあります。
 

耳の後遺障害の認定基準

①聴力障害

1)両耳の聴力に関するもの
等級 認定基準
4 級 3 号 両耳の聴力を全く失ったもの
6 級 3 号 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
6 級 4 号 耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が 40cm 以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
7 級 2 号 両耳聴力が 40cm 以上の距離では、普通の話声を解することができない程度になったもの
7 級 3 号 耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
9 級 8号 耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
10 級 5 号 両耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
11 級 5 号 両耳の聴力が 1m 以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
 
2)片耳の聴力に関するもの
等級 認定基準
9 級 9 号 1 耳の聴力を全く失ったもの
10 級 6 号 1 耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
11 級 6 号 1 耳の聴力が 40cm 以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
14 級 3 号 1 耳の聴力が 1m 以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
 

②欠損障害

 

等級 認定基準
12 級 4 号 1 耳の耳殻の大部分を欠損したもの
 
 
 

③耳鳴・耳漏

等級 認定基準
12 級相当
30dB 以上の難聴を伴い、著しい耳鳴りを常時残すことが他覚的検査により立証可能なもの
30dB 以上の難聴で、常時耳漏を残すもの
14 級相当 30dB 以上の難聴を伴い、常時耳鳴りを残すもの

30dB 以場の難聴で、耳漏を残すもの
 

耳の後遺障害の留意点

耳の後遺障害についても、眼と同様に、耳に外傷を負ってしまい、後遺障害となってしまう場合もありますが、頭部外傷によって聴覚神経に影響が発生し、耳の後遺障害を負ってしまう場合もあります。

 

そのため、耳の後遺障害においては、耳鼻科で診察を受けること以外にも、神経内科や脳神経外科での診察を受けることも重要になります。
 

難聴に関する検査

難聴に関する検査についてですが、オージオメーターによる純音聴力検査を、3回実施してもらって下さい。3回の検査は、それぞれ7日間程度空けて実施して下さい。3回検査をすることで、再現性をチェックします。そして,後遺障害等級は,2回目と3回目の平均で認定されます。2回目と3回目の検査の測定値が10dB以上差がある場合は,さらに聴力検査を行い,2回目以降の検査でその差がもっとも小さい(10dB未満)ものの平均により認定される。

 

音は聞こえるが言葉として認識できないという症状がある場合は、スピーチオージオメータによる語音聴力検査を、純音聴力検査と同様に7日間隔で実施してもらって下さい。語音聴取閾値検査と語音弁別検査という2種類の検査を行います。

 

これらオージオメーターによる純音聴力検査とスピーチオージオメータによる語音聴力検査は,被験者が恣意的な反応をすることが可能なので,それを客観的に裏付けるために,ABR(聴性脳幹反応)及びSR(あぶみ骨筋反射)というテストをしていただくことが,より検査結果の精度を高めます。ABRは「ABR」という装置を使います。SRは「インピーダンスオージオメトリ」という装置を使います。この2種類の検査を,前述した純音聴力検査と語音聴力検査を3回行う際に,一緒に受けるようにすることをおすすめします。
 

当事務所で解決してきた事例の一部をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1  11級後遺障害の事故 保険会社提示額540万円⇒1850万円で示談
2  12級後遺障害の事故 保険会社提示額550万円 → 1000万円で示談
3  バイクを運転していた所、交差点で急に右折をしてきたワンボックスカーと衝突した事故
4  異議意申し立てをすることで14級から12級に等級認定を高めることができた事例
5  停止中に後ろから乗用車に追突され、頚椎捻挫(むちうち)を患ってしまった方の事例
6  症状固定後に被害者請求し、後遺障害7級の認定。1,051万円を受領することが出来た事例
7  被害者が高校生で、治療費・交通費等は保険会社から受取り、慰謝料が問題となった事例
8  被害者様が主婦で,むち打ちにより後遺障害認定(14級)がされた事例
9  後遺障害認定(12級)を受けていたにもかかわらず,保険会社から少額の提示を受けていた被害者様の事例
10  12級後遺障害の事例 保険会社提示額370万円→850万円で示談
11  自営業60代の方 保険会社提示額60万円→270万円で示談
12  被害者(一家の支柱)が亡くなった事例 賠償額が1000万円の増額
13  病院同行を行うことで後遺症認定(12級)を獲得し、約900万円の保険金を受け取ることができたEさんの事例
14  80代男性の方,保険会社提示1000万円→1800万円で示談できた事例

後遺障害について詳しく知りたい方はこちら

◆後遺障害とは?

◆後遺障害の種類

◆遷延性意識障害

◆むちうち(むち打ち)

◆脊髄損傷

◆醜状の後遺障害

◆各部位の損傷による損害

口の後遺障害について

◆上肢(肩、腕)の後遺障害

◆下肢の後遺障害について

足(股~足指)の後遺障害について

 

 

交通事故について詳しく知りたい方はこちら

◆交通事故問題でお悩みの方へ

◆川崎交通事故相談会のお知らせ

◆当事務所が選ばれる理由

◆交通事故問題解決の流れ

◆賠償金額決定の3基準

◆損害賠償金の計算方法

◆物損の損害賠償

◆過失相殺とは?

◆弁護士と行政書士の違い

◆弁護士費用特約とは

◆人身傷害保険

◆よくあるQ&A

◆当事務所の解決事例

推薦者の声

◆お客様の声

 

交通事故に遭われたら交通事故・後遺障害・示談交渉に強い弁護士にご相談ください

re.png

◆HOME

◆事務所紹介

弁護士紹介

◆弁護士費用

◆アクセス

◆ご相談の流れ

〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸3398−1  三井生命登戸ビル3F TEL:044-931-5721 (9:30~17:30 夜間・土日応相談)
初めての方でも安心してご相談いただける地元川崎の弁護士です。
Copyright (C) 2013 川崎北合同法律事務所 All Rights Reserved.