後遺障害における骨盤骨折

1 交通事故と骨盤骨折

交通事故により,骨盤を骨折してしまうという場合が少なくありません。例えば,道を歩いている際の交通事故により、腰部や臀部(おしり)を自動車やバイクに衝突されたという場合です。

また,自転車やバイクに乗っている際の交通事故により転倒し,その際、腰部や臀部を地面に打ち付けた場合です。こういった場合には,骨盤を骨折してしまうことが多くあります。
 

2 骨盤骨折と後遺障害

骨盤骨折を負った場合には、①股関節の可動域制限②人工関節又は人工骨頭③骨盤骨変形④痛み⑤正常分娩困難の5つが,後遺障害として認められます。
 

①股関節の可動域制限

骨盤骨折により、股関節の動く範囲が狭くなった場合は、後遺障害として8級7号,または10級11号,12級7号が認定されます。
 
・骨盤骨折により股関節の可動域がほとんど動かない場合
⇒8級7号

・股関節の可動域が、怪我をしなかった側と比較して、2分の1以下に制限されている場合
⇒10級11号

・股関節の可動域が、怪我をしていない側と比較して、4分の3以下に制限されている場合
⇒12級7号
 

②人工関節又は人工骨頭

骨盤骨折により,股関節部分に人工関節又は人工骨頭を入れた場合、8級7号または10級11号が認定されます。
 
・股関節の可動域が、怪我をしていない側と比較して、2分の1以下に制限された場合 
⇒8級7号

・人工関節又は人工骨頭を入れた場合で、可動域制限の程度が8級7号に該当しないとき 
⇒10級11号
 

③骨盤骨変形

骨折部分が変形して癒合したときは、12級5号が認定されます。
ただし、その変形が、裸体になったときに明らかに分かる程度であることが必要となります。
 

④痛みについて

以上のような後遺障害がなくとも,痛みが残存じている場合には、12級13号または14級9号が認定される可能性があります。
 

⑤正常分娩困難

女性が、骨盤骨折により産道が狭まり正常分娩が困難な場合は、11級10号が認定されます。
 

 

交通事故について詳しく知りたい方はこちら

◆交通事故問題でお悩みの方へ

◆川崎交通事故相談会のお知らせ

◆当事務所が選ばれる理由

◆交通事故問題解決の流れ

◆賠償金額決定の3基準

◆損害賠償金の計算方法

◆物損の損害賠償

◆過失相殺とは?

◆弁護士と行政書士の違い

◆弁護士費用特約とは

◆人身傷害保険

◆よくあるQ&A

◆当事務所の解決事例

推薦者の声

◆お客様の声

 

交通事故に遭われたら交通事故・後遺障害・示談交渉に強い弁護士にご相談ください

re.png

◆HOME

◆事務所紹介

弁護士紹介

◆弁護士費用

◆アクセス

◆ご相談の流れ


相談料着手金0円 交通事故のご相談 044-931-5721
ご相談の流れはこちら

mailsoudan.pngのサムネール画像

adhkgrfkagwv.png

推薦者の声 川崎北合同法律事務所をお勧めします!

詳しくはこちら

Contents Menu

相談票 ダウンロード
事務所概要
Access map
川崎北合同法律事務所 事務所サイトはこちら
 

c25.JPG

〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸3398−1  三井生命登戸ビル3F TEL:044-931-5721 (9:30~17:30 夜間・土日応相談)
初めての方でも安心してご相談いただける地元川崎の弁護士です。
Copyright (C) 2013 川崎北合同法律事務所 All Rights Reserved.