• HOME
  • 弁護士費用

弁護士費用(税別)

201605hiyou.png

初回相談無料、着手金無料!(費用後払い)

被害者救済を最優先とさせて頂いておりますので、初期費用を極力少なくしております。そのため、最初にかかる費用は無料(費用後払い)にさせて頂いており、ご契約をする前から費用を請求するといったことは一切ございません。ご安心下さい。

 

相談料

初回相談無料

川崎北合同法律事務所では、初回の交通事故の相談において相談料はいただいておりません。

 

着手金

無料


受任時点で着手金をお支払いいただく必要はありません。弁護士費用特約により弁護士費用を支払っていただく場合がございますが、保険会社からお支払いをして頂きますので、依頼者の方の実質のご負担は0円です。

 

報酬(費用後払い・税別)

●保険会社からの示談提示がない場合
保険会社からの示談提示がない場合は、20万円+獲得金額の10%になります。

●保険会社からの示談提示がある場合
保険会社からの示談提示がある場合は、20万円+保険会社からの提示額から増額分の20%です。

 

●訴訟に移行してしまった場合には、上記に加え、一審級につき10万円が追加になります。


交通事故の被害者の方、またはご家族が加入されている保険に弁護士費用特約が付いている場合には、以下の料金体系となります。なお、弁護士費用特約が付いている場合、300万円まで弁護士費用が無料になることがあります。>>>詳しくはこちら

 

実費

交通費、通信費、訴訟費用(印紙代等)や、資料取寄せに要する費用等を実費としてご負担いただきます。実費は事件終了時に精算します。

 

弁護士費用特約(税別)

特約の内容に応じて、弁護士費用を保険で賄うことが可能です。最近では、任意保険に入っている半数近くの方に「弁護士費用特約」が付いています。加入している保険にはついていないと思われている方も多いので、一度保険会社にご確認下さい。


その場合の弁護士報酬の基準は次のとおりです。これは、日本弁護士連合会リーガル・アクセス・センターの基準に準拠しています。但し、事案によりこれと異なる場合があります。

 

相談料金

30分毎に5,000円(税別)

着手金(税別)

請求額
着手金
300万円以下の場合
請求額の8%
300万円を超え~3,000万円以下の場合
請求額の5%+9万円
3,000万円を超え~3億円以下の場合
請求額の3%+69万円

 

報酬金

回収額
報酬金
300万円以下の場合
回収額の16%
300万円を超え~3,000万円以下の場合
回収額の10%+18万円
3,000万円を超え~3億円以下の場合
回収額の6%+138万円

 

【注意】
物損事故で弁護士費用特約が適用されない場合、当事務所ではご相談をお受けしておりません。 あらかじめ、ご了承下さい。その他ご不明な点などございましたら、お気軽にご相談下さい。


 

交通事故について詳しく知りたい方はこちら

◆交通事故問題でお悩みの方へ

◆川崎交通事故相談会のお知らせ

◆当事務所が選ばれる理由

◆交通事故問題解決の流れ

◆賠償金額決定の3基準

◆損害賠償金の計算方法

◆物損の損害賠償

◆過失相殺とは?

◆弁護士と行政書士の違い

◆弁護士費用特約とは

◆人身傷害保険

◆よくあるQ&A

◆当事務所の解決事例

推薦者の声

◆お客様の声

 

交通事故に遭われたら交通事故・後遺障害・示談交渉に強い弁護士にご相談ください

re.png

◆HOME

◆事務所紹介

弁護士紹介

◆弁護士費用

◆アクセス

◆ご相談の流れ


〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸3398−1  三井生命登戸ビル3F TEL:044-931-5721 (9:30~17:30 夜間・土日応相談)
初めての方でも安心してご相談いただける地元川崎の弁護士です。
Copyright (C) 2013 川崎北合同法律事務所 All Rights Reserved.