• HOME
  • 宮前区の皆様へ

宮前区の皆様へ

DSC_10100009.png

交通事故はある日突然発生します。そして、交通事故に遭われた方のほとんどは、交通事故にはじめてお遭いになられるために、交通事故に遭遇すると「何をどうしたら良いか分からない・・・。」という状況に陥ります。

また、交通事故に遭うとほとんどの場合で怪我を負われてしまいますが、交通事故の怪我は場合によっては後遺障害として一生障害が残ってしまうこともあります。

この後遺障害を抱えてしまわれた場合、後遺障害等級の認定を受けることになりますが、この等級認定は交通事故直後から適切な対応をしなければ、適正な等級認定が得られない場合もあります。

そのため、交通事故にお遭いになられた場合には、まずは交通事故問題の専門家である弁護士にご相談していただくことをお勧め致します。

宮前区で交通事故に遭われ、お悩みになられている方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談下さい。

交通事故の賠償金は弁護士に相談することで「増額」されるケースがあります。

詳しくはこちらへ

交通事故被害の問題解決の流れ

事故発生 ... 必ず警察に通報し、保険会社に連絡しましょう

治療 ... 怪我がある場合は、忙しい場合でも病院へ行きましょう

治療費打ち切り ... まずは、弁護士に相談し、適正な賠償を受けましょう

症状固定 ... 後遺症が残った場合は、弁護士に相談しましょう

示談案の提示 ... 賠償金額が適正かの判断は、弁護士に相談しましょう

示談交渉・訴訟 ... 適正な賠償が提示されない場合は、裁判を提起します

解決 ... 適正な賠償を受け取り、交通事故問題が解決します

これまでに川崎北合同法律事務所で問題解決した事例

交通事故 無料相談会実施中

これだけ増額されました! 賠償金

  • 交通事故から問題解決までの流れ
  • 損害賠償金計算の3つの基準
  • 弁護士と行政書士との違い

こんなお悩みお抱えではないですか?

  • 保険会社の対応に不満がある
  • 後遺障害について教えてほしい
  • 慰謝料の金額に納得がいかない
  • 突然、医療費の打ち切りを通告されて困っている
  • 川崎北合同法律事務所の交通事故相談の特徴とこだわり
  • お客様の声お客様からたくさんの
交通事故の問題に強い弁護士が親切丁寧にご対応いたします。交通事故無料相談のご予約 044-931-5721

宮前区について

宮前区は昭和57年7月1日、高津区からの分区により誕生しました。「宮前区」という区名は一般公募によって決まりました。

宮前区の村名は、村のほぼ中央に位置した女躰権現社(現馬絹神社)の前に梶ヶ谷にかけて「馬絹村字宮ノ前(みやのまえ)」の字名があり、この付近に村役場が設置されたことから名付けられました。

宮前区は、多摩丘陵に抱かれ、「東高根遺跡」や「馬絹古墳」など文化的遺産の多いところです。昭和41(1966)年、溝の口~長津田間に田園都市線が開通、昭和43(1968)年、東名高速道路・東名川崎インターチェンジの開通・開設などにより、急激な人口増と都市化が進みました。

宮前区シンボルマークは、宮前区のイニシャル「M」をハートの形にデザインし、ハートのブルーの色は知性を、黒いだ円は「力強い大地」を表現し、区民の和と英知の結集により未来へ飛躍する姿をイメージしています。
区制10周年を記念して、「個性豊かな、新しい都市生活文化を創造する区」を目指し、区のイメージを高めるとともに、地域の連帯をはぐくみ、宮前区への愛着を深めるために、応募いただいた作品の中から宮前区シンボルマーク選定委員会が選考し、制定しました。

交通事故について詳しく知りたい方はこちら

川崎北合同法律事務所についてはこちら

交通事故について詳しく知りたい方はこちら

交通事故に遭われたら交通事故・後遺障害・示談交渉に強い弁護士にご相談ください

re.png

〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸3398−1  三井生命登戸ビル3F TEL:044-931-5721 (9:30~17:30 夜間・土日応相談)
初めての方でも安心してご相談いただける地元川崎の弁護士です。
Copyright © 2013 川崎北合同法律事務所 All Rights Reserved.